CATEGORY/ カテゴリーから探す

KEYWORD/ キーワードから探す

HOME > ROKX > コンセプト

BRAND CONCEPT

アメリカ合衆国カリフォルニア州の東部に位置する「ヨセミテ渓谷」。ここは、世界中からクライマーが集まるロッククライミングの「聖地」としても有名だ。


yosemite

花崗岩の一枚岩としては世界最大の「エル・キャピタン」、目がくらむような断崖「ハーフドーム」や「センチネルドーム」など、数多くの大岩壁にいくつものルートが存在している。


1970年代の初頭、ヨセミテでフリークライミングという新しいクライミングカルチャーを創造し、数々の登攀ルートを開拓していったのが、命知らずの伝説のクライマー集団「THE STONE MASTERS」だった。彼らはメンバーそれぞれが並外れた実力をもつクライマーであっただけでなく、強烈な個性をもった血気盛んな若者たちであった。彼らはさまざまな矛盾が鬱積した当時の社会常識に背を向けるように、自由と本質を愛していた。奇抜なファッションに身を包み、無我夢中で自己の限界を追求することに明け暮れた。

そのメンバーのなかでも、ひときわ才気にあふれたクライマーがいた。痩せた体躯に長身、マルーンカラーの長髪をなびかせた端正なルックスの青年。後にクライミングウエアブランド「ROKX」を立ち上げる、マイク・グラハムだ。

Mike Graham

「THE STONE MASTERS」でも実力的に一目置かれる存在であった彼は、クライミング用のギア作りにもその才能を発揮し始める。当初は自分が必要なギアをハンドメイドで製作していたが、次第に仲間たちからの要望に応えてさまざまなギアを開発するようになり、それはやがてビジネスとして軌道に乗ることになる。クライミングウェアブランド「Gramicci」はそんな彼の立ち上げたブランドのひとつ。自らのニックネームを冠したブランドは瞬く間にマーケットに受け入れられ成功を収めたが、いつからか自分が作りたいモノと、作らねばならないモノとにギャップを感じはじめる。悩みぬいた末、彼は自ら育てたブランドを手放す決断をする。


そして2000年、マイクが新たに立ち上げたクライミングウェアブランドが「ROKX」だ。ブランド名は、「 ROCK(岩)」と「EXTREME ACTIVITIES(クライミング)」を合わせた造語。極限状況で最高の着心地と快適性を実現するという意味での「EXTREME CASUAL」をコンセプトに、クライミングをバックグラウンドとした幅広いクロージングを展開している。


製品開発にあたっては、実際にクライマーによる機能性・耐久性のテストを繰り返し行うなど徹底的な研究開発を経て、プロユースにも耐えうるプロダクトを作り上げた。その穿き心地のよさや機能性にとどまらない、発色やシルエットの美しさも含めた総合的な品質の高さは広く世の中に認知され、今やアクティブな用途だけでなく、ストリートやライフスタイルのなかで多くの人びとに受け入れられている。


マイクはこう語る。


「THE STONE MASTERSは常に、『Who am I, Really?(自分たちはいったい何者なのか?)』と自問自答し続けていた」。

THE STONE MASTERS

ROKXのプロダクトには、常に自由と本質を求めて続けていた彼の思いと情熱が、きっと息づいているはずだ。